SONY Handycam HDR-XR150 撮影中に落としたビデオカメラのデータ復旧(落下) 神奈川県横浜市鶴見区

SONY Handycam HDR-XR150 撮影中に落とした【ビデオカメラ データ復旧(落下故障)】 神奈川県横浜市鶴見区

公開日:  最終更新日:2016/04/28

SONY Handycam HDR-XR150 データ復旧
年末年始はご依頼が非常に多く、Blogがしばらく滞ってしまいました。
申し訳ございません…

本日は、神奈川県横浜市鶴見区のお客様より
「SONY Handycam HDR-XR150の撮影中にビデオカメラを落としてしまった。
電源を入れてみたが、HDDを認識しない。
家族で撮影した大切な動画が入っているので、データを復旧したい」
という落下故障したビデオカメラからのデータ復旧のご依頼です。

SONY Handycam HDR-XR150を分解しHDDを取り出すと、
東芝 MK1234GALが内蔵されていました。

電源を入れると「ジッジッ…」という音がします。
物理障害が発生しているらしく、HDD自体を認識しません。
ここは東芝 MK1234GALを開封してみましょう。

SONY Handycam HDR-XR150 落下故障
東芝 MK1234GAL データ復旧
HDDを開封すると、プラッタと呼ばれる円盤にヘッドが吸着しています。
ヘッドの吸着を解除して、データの復旧を実施。
無事100%のデータ復旧に成功しました。

お客様にも
「大切な家族の思い出の動画が復旧できて良かった」
とお喜びいただきました!

SONY Handycam HDR-XR150などHDD内蔵のビデオカメラ データ復旧は、
【ビデオカメラのデータ復旧&データ復元ならビデオカメラ復旧ステーション】
におまかせください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑